かつてパワハラ受けたトモキチがパワハラ上司に/社員を鼻息とガニ股歩きで威圧/OUTBACKアクターズスクール

精神科病院への強制入院というと、かなり特殊なことのように思えるかもしれませんが、実は誰にでも起こりえます。

昨年、OUTBACKアクターズスクールの第1回公演で主役を務めたトモキチも、ある日突然、強制入院させられました。こころを乱して家で暴れた原因は、ブラック職場などで積もり積もったストレスでした。その過酷な経験と再生をモチーフにした昨年のオリジナル劇は、とても評判になりました。

そんなトモキチが今年11月の公演で演じる役柄のひとつが、「ハラスメン島」のパワハラ上司。かつて自分を苦しめた憎たらしいヤツを、強烈な鼻息とガニ股歩きで表現する動画は必見です。本番は更に強烈になるかもしれませんよ。

ハラスメン島ではほかにも、かつてのいじめられっ子たちがいじめ役になります。「一度はやってみたかった」のだそうです。ふつうはやれないことをやれてしまう。それも演劇の魅力です。

(撮影・佐藤光展)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です