超満員札止めの大盛況!!/魅力炸裂のスクール生たちに「ブラボー!」と拍手の嵐/OUTBACKアクターズスクール第1回主催公演

11月7日、横浜市中区山下町のあかいくつ劇場(定員147人)で開催したOUTBACKアクターズスクール第1回主催公演「まだ見ぬ世界へ」は、超満員札止めの大盛況となりました。ピアや支援者のみならず、演劇関係者、精神科医や看護師など医療関係者、精神保健福祉士など福祉関係者、報道関係者、行政関係者などなど、様々な分野の方々にご来場いただきました。

公演ではまず、横浜の寿町に拠点を置く「ことぶき『てがみ』プロジェクト」の皆さんが、近日公開予定の劇「船を漕ぐ」の一部を披露。続いて、精神科医で脚本家のくるみざわしんさんからオンラインで戯曲づくりを学ぶ人たちが、オリジナルの朗読劇を披露しました。

そしていよいよ、OUTBACKアクターズスクールの出番。スクール生たちの実体験をもとに作った約40分の劇は、「思考伝播」という症状を自覚するトモキチが主人公。彼は、ストレスが積み重なって家で暴れ、強制入院させられます。絶望に苛まれるトモキチでしたが、病院で出会った個性豊かな患者たちの力で次第に癒され、ある宝物の存在に気づきます……。

お客さんたちのあたたかさにも支えられ、スクール生たちは、これまでの人生で秘めてきた個性や魅力を炸裂。笑いや涙や拍手や「ブラボー!」に満ちた奇跡のような公演になりました。ありがとうございました。

OUTBACKアクターズスクールは今後、活動の場を広げていきます。2期生の募集は年明けを予定しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。