8月12日に横浜・桜木町で寸劇披露/ドニーやトモキチが新作「ドリフ外来」に挑む/KP設立2周年記念シンポジウム

KP神奈川精神医療人権センターが、8月12日午後0時半から横浜市健康福祉総合センターホール(桜木町)で開催する設立2周年記念シンポジウム「良い精神科医はどこにいる?」に、OUTBACKアクターズスクールの選抜メンバーが出演し、大好評の寸劇を披露します。

長野遠征で大好評だったコント風味の寸劇に磨きをかけ、更に、精神科医の松本俊彦さんの言葉をヒントに創作した新作「ドリフ外来」を初披露します。出演は、トモキチ、新ちゃん、ドニー、たぐっちゃん、くー、ケイコ、サシくんらを予定。

精神医療分野のキーパーソンたちが揃うシンポジウムのチケットは前売り1200円、当日1500円。前売りの電子チケットは、こちら(https://neighboursgood.sakura.ne.jp/kp_ticket/)からクレジットカードで購入できます。

主な出演者

日本の精神医療界のトップリーダーを長らく務めた
精神科医・樋口輝彦さん
(国立精神・神経医療研究センター名誉理事長/日本うつ病センター名誉理事長)

ホテル以上に安らげる病院づくりを進める
精神科医・渡邉博幸さん
(学而会木村病院院長/千葉大学社会精神保健教育研究センター特任教授)

オープンダイアローグの普及を目指す
精神科医・斎藤環さん(事前に撮影した動画での出演)
筑波大学医学医療系社会精神保健学教授/オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン(ODNJP)

精神障害を哲学する東大教授。KP電話相談でも活躍
哲学者 石原孝二さん
東京大学大学院総合文化研究科教授/オープンダイアローグ・ネットワーク・ジャパン(ODNJP)/東京精神医療人権センター共同代表

金沢の身体拘束裁判で画期的勝訴を得る
弁護士・佐々木信夫さん
佐々木信夫法律事務所


豊かな感性と闘病体験を演劇に生かす
中村マミコとOUTBACKアクターズスクール
オリジナル寸劇「This is 統合失調症&ドリフ外来&なんでも順調先生」披露

総合司会
ジャーナリスト 佐藤光展
KP神奈川精神医療人権センター顧問&Web編集長/OUTBACKアクターズスクール副校長

開場は正午、終了は午後4時半を予定。シンポジウムのお問い合わせは、KP事務局の電話(045-353-5711)か、メール(event.kp.kanagawa@gmail)にお願いします。平日の開催ですが、お盆休みを取ってぜひお越しください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。