OUTBACK初の出張公演が決定/5月15日に松本で

全国で6つ目の精神医療人権センターが長野県で誕生します。代表は、精神医療国家賠償請求訴訟研究会代表の東谷幸政さん。5月15日午後、JR松本駅近くの松本市中央公民館Mウイングで発足記念講演会が開催され、佐藤副校長の講演や、OUTBACKアクターズスクール初の出張公演(寸劇)などが予定されています。

長野精神医療人権センター発足記念講演会

日時 2022 年 5 月 15 日(日) 13:30~16:30 開場13:00

会場 M ウイング(中央公民館)3F 大会議室301,302 松本市中央1-18-1

参加費 1,000 円

1.ビデオ上映 (40分) テーマ 「日本の精神医療の問題点」

 国賠訴訟原告の伊藤時男さんと東谷さんが出演したテレビ番組を上映

2.講演会 と寸劇 (90分) テーマ「日本の精神医療福祉の問題点と課題」

講師 佐藤光展(ジャーナリスト、KP神奈川精神医療人権センター顧問&Webサイト編集長、OUTBACKアクターズスクール副校長)

講演の後半に、OUTBACKアクターズスクールのスクール生たちが、実体験をもとにした寸劇「悪い精神科医と良い精神科医」を出張披露

3.発表 (30分) テーマ「長野精神医療人権センターについて、活動方針」

発表者 東谷幸政さん(長野精神医療人権センター代表)

発足記念講演会の問い合わせ先: 長野精神医療人権センター事務局

TEL 090-8818-8268 (東谷) Mail higasshitaniyukimasa@gmail.com

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。